『リリーズキッチン コテージパイ』の原材料から見た成分評価│口コミ・評判について

「『リリーズキッチン コテージパイ』の原材料から見た成分評価│口コミ・評判について」のアイキャッチ画像

Lily’s Kitchen(リリーズキッチン)は英国にあるナチュラルペットフード店のブランドです。

日本に上陸したフードであるため、まだまだ情報が少ないですが、知る人ぞ知るドッグフードなんです。

英国の家庭料理であるコテージパイをイメージしたドッグフードを販売し、英国ではメジャーなオーガニックペットフードのブランドとして知られています。

この記事では、リリーズキッチン コテージパイの特徴や、原材料からみた成分評価をしてみたいと思います。

英国王室が愛用している高タンパクフード

リリーズキッチン コテージパイの特徴

リリーズキッチンは英国では誰もが食べたことのあるお馴染みの家庭料理です。

英国王室から高い品質を認められ、2019年4月にロイヤル・ワラント(英国王室御用達)の称号が与えられています。

マスターマスター
英国王室から高い品質を認められ、王室内で愛用されている製品にのみ与えられる称号です。

そもそもエリザベス女王がコーギーの多頭飼いをしていることは有名ですし、ウィリアム王子とキャサリン妃も イングリッシュコッカースパニエルと暮らしています。

愛犬家の多い英国のトップが愛用しているフードということになりますね。

コチラがワンちゃんのためのリリーズキッチン コテージパイです。

ドライからウェットへの切り替えを検討している方ならとても興味深いフードだと思います。

まずは概要・特徴を見てみましょう。

リリーズキッチンコテージパイ の特徴

価格:3,200円(税抜)(400g×3缶)

タイプ;ウェットフード

ライフステージ:生後4ヶ月以上

英国王室が愛用している高タンパクフード

ポイント

  • 英国王室御用達の称号取得ブランド
  • 獣医師や栄養士との共同開発
  • 高タンパク 牛60%
  • 着色料・香料不使用
  • ミートミール不使用
  • 添加物の心配がない
  • グレインフリー

レシピは獣医師や栄養士と言ったスペシャリストが共同して開発され、ペットの健康を最優先で考えた自然食ウェットフードが作られました。

ミートミールを一切使っていないので、ワンちゃんが食べても安心です。

※ミートミールとは?

肉の脂肪を溶かし、精製して油脂にするという意味です。

直接食用にできない脂肪は、熱を加えて溶せば、牛脂やラードなど馴染みのある食用の油脂に、また石けんなどの原料にもなります。油脂を生産した後には、絞りかすとなる肉粉といわれる副産物ができ、ペットフード原料などに利用できます。

参照:日本畜産副産物協会

他にも添加物の心配がなく、穀物を使用しないグレインフリーとなっています。

グレインフリーとは「小麦・大麦・トウモロコシ・米・玄米」などの穀物を一切使用していないフードなので、アレルギーの心配がないのもポイントです。

リリーズキッチン コテージパイの気になる原材料や成分を評価!

原材料

牛60%(心臓、肉、レバー、肺、胃)、牛スープ、リンゴ、ジャガイモ、ニンジン、インゲン豆、ブロッコリー、ビタミン類(コリン、ビタミンC、ニコチン酸アミド、ビタミンB1、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンB6、葉酸、ビタミンE、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル類(亜鉛、マンガン、ヨウ素)、増粘剤(ローカストビーンガム)、ハーブ類(ゴールデンロッド、イラクサ、アニス、ローズヒップ、マリーゴールド、ヤエムグラ、昆布、アルファルファ、ミルクシスル、セイヨウタンポポの根、ゴボウ、セロリの種)、アマニ

新鮮な牛肉をたっぷり60%使用し、野菜・果物もバランスよく配合されており、ミネラルとビタミンも加えられているので栄養価が高いと判断できます。ハーブ類も充実していますね。

香料・着色料を使っていないのもポイントです。

 

ニコチン酸アミドですが、これは皮膚や粘膜を正常に保つ作用や、血流をよくする作用が期待できるもので人の栄養剤などにも利用されています。「ニコチン」と言う言葉からタバコを連想してしまいますが、この成分はそういったものではありません。

パントテン酸も同様でにビタミンのひとつで化学的な名前ですが、栄養素と考えていただいて問題ありません。

ローカストビーンガムはイナゴマメの種子から抽出されたネバネバしたもので、これはリリーズキッチンコテージパイの品質を保つための天然素材です。

マスターマスター
一部サプリメントのような栄養素が入ってはいますが、基本的に天然素材のみで作られているので安心です。

栄養価の高い原材料、慎重に選びぬかれたビタミンとミネラルを使用してるようですね。

続いて成分値を見てみます。

成分

粗タンパク質9.8%、脂質6.1%、粗繊維0.4%、粗灰分1.7%、水分74.0%

エネルギー100g当たり114kcal

粗タンパク質は9.8%と高タンパクで、脂質は6.1%ありますが、ワンちゃんにとっては十分に消費できる脂質のエネルギー量です。

マスターマスター
ウェットフードならではの水分量も魅力のひとつですね。

ドライフードではないウェットフードの良さ

ウェットフードの主な特徴は、風味が良く、消化にも優れて、水分が豊富という点が挙げられます。

ドライフードは食べないけどウェットフードなら食べる・・・という飼い主さんがいたら、そのほとんどはワンちゃんがウェットフードの風味を気に入っていると言ってよいでしょう。

食べ渋りのあるワンちゃんなら、一度ウェットフードを試してみるのはオススメです。

ただし、ドライフードと比べて、ウェットフードは同じ量でもカロリーが低い傾向があるため、給与量についてはしっかりと体重の増減をみながら調整する必要があります。

参考までに、公式サイトに記載されている給与量をまとめます。

1日当たりの給与量について

体重 給与量(1缶400g)
1-5kg 90-300g
6-10kg 350-515g
11-15kg 555-700g
16-25kg 730-1025g

ウェットフードは加熱されて柔らかく加工されています。

そのため消化にも優れ、パピーから老犬、さらに疾患のあるワンちゃんにも最適とされています。

豊富な水分を含んだ食事は、尿路結石症や腎臓の病気などのリスクを減らします。

英国王室が愛用している高タンパクフード

リリーズキッチン コテージパイはこんな方におすすめ

  • 穀物アレルギーが気になる
  • ドライフードの食べ渋りに悩んでいる
  • 胃腸が弱い
  • 安全性の高い食事を与えたい
  • 安心のブランド製品を利用したい

本来の食材の風味が存分に味わえるのがリリーズキッチンコテージパイです。

加工方法や添加物を使わないこと、ミートミールを利用していないことから自然な風味が楽しめるドッグフードと言えます。

リリーズキッチン コテージパイの口コミ・評価一覧

まだまだ情報が不足していますが、集まっている口コミをまとめてみます。

良い評判

我が家では特別メニューになりそう

缶を開けた瞬間、立ち上がって催促していました。食いつきもよく栄養面、安全面でも安心して与えられます。温かみのあるパッケージの色合いとイラストが可愛いですね!

いつものフードより勢いよく食べてました!

お肉やお野菜がゴロゴロ入っていて、とても豪華です。ウェットフード独特の匂いがせず、人間の食べる食事そのものの香りがしました。待ちきれずに食べ始めていました!

ドライフードが食べられなくなった老犬にピッタリ

とても柔らかくて老犬でも食べやすいです!

悪い評判

値段が高い・・トッピングとして使いづらい・・・

400g×3缶で3,200円と高めです。そのためメインのフードではなくトッピングとして使おうと思ったんですが、1缶400gなので微妙に使い切れない感じもしています。

購入は公式サイト

リリーズキッチンドッグフードを購入は公式サイトより可能です。

【リリーズキッチン コテージパイ】英国王室御用達のペットフード

単品購入か定期コースのどちらかを選ぶことができます。

単品購入の場合

単品購入

  • 400g×3缶セット 通常価格¥3,200

合計金額 10,000円(税抜)以上で送料640円、代引手数料237円が無料となります。

定期コースの場合(最大20%off

フードが切れるタイミングに合わせて定期的に商品を届けてもらえます。

定期コースの場合、複数個購入となれば割引率が上がり、1缶当たりの単価がどんどん下がっていくのがポイントです。

定期コース

  • 購入金額が7,000円未満・・・10%off
  • 購入金額が7,000円以上・・・15%off
  • 購入金額が20,000円未満・・・20%off

さいごに

英国王室が愛用しているプレミアムドッグフード「リリーズキッチン コテージパイ」。

グレインフリーレシピで穀物に敏感な愛犬にも安心です。

リリーズキッチン コテージパイは、肉や野菜の風味がそのままの状態でパッケージングされているので、缶を開けたら素晴らしい食材そのままの香りが広がります。

ウェットフードに興味がある方は是非試してみてはどうでしょうか。

英国王室が愛用している高タンパクフード